「VOX amplug専用cabinet」を買ったのでそのお話。悪くない。でもススメない。

2020年7月16日

ギター弾けてる?
どもどもそばかすギタ彦です。

ギター本体さえあれば楽しめるけれども。

周辺機器があればより楽しめるのだろうな。

でも周辺機器を揃えるにはお金がないとね。

で今回買えたのはこれです!

ミニアンプ・ブラックスターフライ3を買った話はコチラ


スポンサーリンク


ミニアンプ欲しいシンドローム

ミニアンプが欲しいと思うものの。

案外、お高いんだよね。

モノによっては1万円近くするじゃない?

そんなするなら10ワット規模のアンプ買えちゃうよね。

ミニアンプは小さいのが魅力なのだよ。

違うの?

とにかく建物事情という問題を抱えているからさ。

「ギタ彦が買ったアンプラグ」の記事はコチラ

VOX amPlug 専用 cabinet購入

アンプラグを使っていたから。

そのキャビネットだけを買うならさほどの出費にはならないだろうと。

そこで試しに買ってみたけれど。
これが思っていた以上に大活躍。


アンプラグとキャビネットでフュージョンさせたらミニアンプになったよ。

amplugを差し込んで使うので、
amplugとcabinetの両方に電池を入れなければならないのが面倒。

因みにamplug単四が二本
cabinet四角電池一本

それこそamplugを挿げ替えれば色んな音が楽しめるねこりゃ。
面白い!

一度に色々は買い揃えられないけど。

徐々に集めればそれは面白そうだ。

でも。

揃えるとなると結局金かかるな。

そもそも都度差し替えるなんてやらないだろうな。

なんだ、必要ないじゃん(ぷっ)。

大きさはこんなモン。

この手のミニアンプとしての当たり前のサイズ。

・・・そう思ったけど並べたらよりコンパクトだった。

ど~ですか。
タタミフロアからこんにちは。
ブラックスターフライ3の半分サイズだね。

ちっこいんだ。

並べて初めて気づいたよ。

コード類はちゃんとまとめるから放っといて!
(ラック買ったばかりなんだよ)

さて。話しを戻すよ。

amplug側ににAUXイン端子があるから、
ミニフォンでMP3プレイヤーを繋げばコピー練習にも活用出来るよ。

ただしコードだらけになるから注意。

今回の〆

ミニアンプ自体はこれが初めてだったので。

よくわからずじまいなんだけど、
使いだすとそれなりに便利だよね。

面倒なところはあるよ。

それはずばり電池交換。

アンプラグとキャビネット両方だからね。

そりゃ面倒。

だから正直オススメしない。

ミニアンプなら他の方がいいよ。

オイラみたいにすでにアンプラグ持ってるから、ならば。

まあ買ってもいいかな。

いや、どうかな。

そんじゃ今日もオイラは生音で弾くよ!!
皆はアンプにつないでちゃんと音だして練習してな!

んじゃギター弾こうぜ。
ギタ彦でした。


スポンサーリンク